...

TWCおすすめ夏泡セット (ミュラー・トゥルガウ&マスカットペットナット2021+ムス―2020ヴァンサン・リカール)

通常価格 ¥6,500 JPY
通常価格 ¥6,500 JPY セール価格 ¥6,500 JPY
税込み。

1【商品概要】
ワイン名:MULLER THURGAU & MUSCAT PETNAT
 / ミュラー・トゥルガウ・アンド・マスカット・ぺティヤン

生産者:Donatus /ドナトゥス

ブドウ品種:Muller Thurgau66%, Muscat Moravia, Muscat Ottonel34%
ミュラートゥルガウ66%, マスカット・モラヴィア、マスカット・オットネル34%

ワインタイプ:Petillant / スパークリング

生産国:Chez / 南アフリカ

生産地:Moravia / スワートランド

ヴィンテージ:2021


【商品説明】

ドナトゥスは、造り手のペトラ、畑はエリスカ(ペトラの彼女)、販売やマーケティングはヨセフ(エリスカの兄)の3人で2019年より始まった、まだ生まれたてのチェコのワイナリーです。 非常に小規模なワイナリーで、2020年から商業的にワインを造り始めたばかり。 造り手のペトラは、ワイン造りとは別でJAVA(パソコンのプログラミング言語)の開発者をしており、ブルノにあるメンデル大学でぶどう栽培と醸造を学び、エリスカはマサリク大学でズノイモ地方のワインの歴史と文化を研究しており、販売担当のヨセフは南モラヴィアにある大手のワイナリーでセールスマンをしています。 ワイナリー名のドナトゥスは、モラヴィアのワインの造り手の先駆者であるサンドナや才能を意味するラテン語に由来し、ラベルは、彼らのワインによって人々を幸せにしたいとの思いと人々に喜びと愛を広めたいという思いによって、それをカップルのラベルで表現しています。自社畑(樹齢30年)のミュラートゥルガウ、マスカット(モラヴィア、オットネル)のぶどうを、9月の初旬に同時に収穫し選果後、破砕。 2日間スキンコンタクトし、プレス。 ステンレスタンクに移し、7日間ほど発酵。 発酵が終わる前にノンフィルター、酸化防止剤なしで瓶詰めし、瓶内熟成。 デゴルジュマンなし。(一部資料抜粋)

 

2【商品概要】

ワイン名:VINSANS RICARD MOUSSEUX / ヴァンサン・リカール・ムス―

生産者:Vinsasns Ricard / ヴァンサン・リカール

ブドウ品種:Sauvignon Blanc / ソーヴィニョン・ブラン

ワインタイプ:White / 白ワイン

生産国:France / フランス

生産地:Loire / ロワール

ヴィンテージ:2020


【商品説明】

シェール川沿い丘陵地にあるドメーヌ・リカールは、歴史的には5代続くファミリードメーヌ。 17ヘクタールを所有の葡萄畑において、12.7ヘクタールはソーヴィニヨン・ブラン、他はガメイ、カベルネ・フランが栽培されています。 南東方向の粘土石灰質土壌の畑で、自然環境を尊重したブドウ栽培を実践しています。 今日に至るまで農薬や化学肥料等を使用しない農法で葡萄栽培をしてきましたが、2013年にエコセルトの認証を受けました。 収穫は手作業、自然酵母での発酵、酸化防止剤はソーヴィニヨン・ブランのフレッシュな美味しさをキープするため入れますが、添加量はできるだけ控えているとのこと。 ルージュ・エ・ブラン(フランスの自然派の優良生産者達を丁寧に紹介する実直な雑誌)やRVF(ルヴュ・デ・ヴァン・ドゥ・フランス)での評価も高い、今後の活躍が大変楽しみなワイン生産者です。繊細で優しいガスと、フレッシュで爽やかな果実の酸味がフレッシュな印象。 採れたての葡萄の皮をかじったときのパリッとした新鮮さと、皮の内側にジューシーさがこのワインの中から溢れだしてきます。 ヴァンサン・リカール曰く、自然な発泡酒なので少々の濁りもあるし、泡の立ち具合も保存温度や状態によって変わってくるとのことです。 輸入元からの情報によると、”ぽっちゃりリカールが造る爽やかビオワイン”とありますが、まさにリカールの生真面目さが真っ直ぐに表現されたロワールの自然派ワインに仕上がっています。(一部資料抜粋)

おすすめのワイン